NeuraConnect

サービス

Factory Connect:樹脂成形工場IoTシステム
Mold Connect:金型メンテナンス支援システム

Factory Connect
樹脂成形工場IoTシステム

Factory Connectは、樹脂成形工場をIoT化するためのシステムです。
成形機や周辺機器をエッジコンピュータと接続し、クラウドで情報を活用します。
接続した機器の稼働状況は、パソコン・スマホからいつでもどこでも確認できます。
豊富な機能と今までにない使いやすさで、工場のIoT化をサポートします。

アカウント管理

作業者ごとにアクセス権を設定できます。

各モジュールに特定のグループのみがアクセスできるように制御することも可能です。

出勤報告書

作業実績管理機能です。

作業者、開始・終了時刻、生産数の管理、作業報告書の自動作成が可能です。

MES、SCADA

成形機の稼働状況や稼働中の成形機がどの製品をどれだけ生産したかを表示します。

生産計画の進捗状況が随時把握できます。

リアルタイム状況

個々の成形機の工程・サイクルタイム、生産数をリアルタイムに表示します。

データ閲覧

成形機や周辺機から出力されている各種データ(時刻、温度、圧力 etc)を表示します。
表示データは、必要データを選択することができます。

QC看板

製品の不良の原因についての分析と統計情報を提供します。
不良原因を登録することにより、再発防止に寄与します。

AI APS

データ管理の情報をもとに、自動で最適な生産計画を作成します。

データ分析

時間帯別の機器の効率、生産量、警報量などのデータが見られます。
また、グラフ形式でも表示されます。

データ管理

射出成型に必要なすべてのデータを統合的に管理します。
成形機、周辺機器、金型、材料、製品、在庫、受注など。

Mold Connect
金型メンテナンス支援システム

Mold Connectは、金型メンテナンスを支援するためのシステムです。
金型に取り付けたSmart Shot Counterをスマホで撮影することで情報がクラウドに保存されます。
パソコン・スマホから稼働状況をいつでもどこでも確認できます。
可視化されたインターフェースで、異常を検知しやすいことが特徴です。
手軽にIoT化を実現できるMold Connectで、まずは金型管理から始めてみませんか。

Smart Shot Counter

手のひらサイズの新しいショットカウンター。
金型に取り付けることで、5つの情報を取得します。
[ショット数]・[サイクルタイム]・[金型表面温度]・[金型周囲温度]・[金型周囲湿度]

Mold Connect
(スマホアプリVer)

金型の情報を閲覧・取得するためのアプリケーション。稼働状況はこちらのアプリから写真を撮れば自動で記録されます。
アプリをダウンードするだけで、どこにいても稼働状況を把握できます。

Mold Connect(パソコンVer)
アカウント管理

作業者ごとにアクセス権を設定できるため
作業ミスの削減につながります。

Mold Connect(パソコンVer)
データ管理

各金型の詳細情報を確認できます。
メンテナンス履歴の管理や各種データグラフを元に異常検知などが可能です。

会社概要

会社名 NeuraConnect株式会社(ニューラコネクト)
社長 並木 明
創立 2020年6月
事業内容 IoTのシステムインテグレーション
  • ・成型関連の各種センサーの販売
  • ・工場の情報化機器の販売
  • ・関連ソフトやクラウドサービスの提供
コンセプト

アクセス

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビルディング9階

FAQ

Q. Factory Connectソフトウェアを実行する
オペレーティングシステムはどれですか?
A. Factory Connectはすべてクラウドベースであり、Windows、Mac OS、およびLinuxクラウドサーバーをサポートできます。タブレットの場合、オペレーティングシステムとしてAndroidを使用します。
Q. Factory Connectをインストールするには
どうすればよいですか?
A. 追加のインストールはありません。 Factory Connectを使用する場合、ユーザーはWebブラウザーを使用して接続するだけです(Chrome、 Firefox、Safariをサポート)。
Q. スマートフォンでは、どのようなことができますか?
A. データ管理機能を除くほとんどの機能が実行できます。特にQRコードを使った、入力やオペレーター個人の作業管理を簡単に行うことができます。また、システムからの情報をSNSを通してリアルタイムに受け取れます。
Q. データはどこに保存されますか?安全で安心?
A. 必要なプロジェクトの場所と地域によって異なります。日本の場合はAmazon Web Serviceに保存されます。これはグローバルクラウドサービスプロバイダーであり、データのセキュリティを保証するために高レベルの国際認証に準拠しています。
Q. Factory Connectを使用する時、
顧客は、クラウドサーバーを自ら選択できますか?
A. はい。ただし、テクニカルサポートやデータのバックアップは提供していません。お客様はリスク評価を行うものとします。地域の電源、ハードウェア要件またはアップグレード、技術スタッフ、データのバックアップおよびメンテナンスなど。
Q. Factory ConnectをERPと接続するには
どうすればよいですか?
A. データ交換のためにサードパーティのAPIゲートウェイを提供または統合できます。単純なデータエクスポートの場合、AI APSからのExcel形式をサポートします。

お問い合わせ

会社名※必須

メールアドレス※必須

お名前※必須

電話番号※必須

問い合わせ内容(全角500文字まで)